1. TOP
  2. ナチュロルは幼犬や子犬に与えても大丈夫?口コミ調査してみた!

ナチュロルは幼犬や子犬に与えても大丈夫?口コミ調査してみた!

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 35 分です。

ナチュロルは幼犬・子犬に食べさせても大丈夫?

健康寿命ケアのプレミアムドッグフードで人気が上昇している「ナチュロル」は、様々な特徴があります。

その中には、全年齢に対応していることもあり、子犬に与えることができます。

子犬に与えても安心なのか、他のメーカーの子犬用フードの特徴を見ていきます。

子犬用のフードと言っても、「小型犬用」「中型犬用」「大型犬用」と「犬種別」に分かれているブランドもあります。

これは、犬種によって成長スピードに違いがあることが理由のようです。

子犬用フードの説明で多いのは「タンパク質や脂質の割合が多い」ということです。

タンパク質や脂質は動物性を原料にすることが多く、副産物を使用せず安心なことや、「栄養価が高い、栄養バランスが良い」というフードが多いです。

新鮮な原材料を使用したり、乳酸菌、食物繊維、ミネラル、ビタミンを配合していることを記しているフードも多いです。

品質では、人間の食べ物と同じ品質であるヒューマングレードの原材料を使用したり、保存料などを使用してないものもあります。

特に多いのが穀物を含まない「グレインフリー」や「グルテンフリー」です。

小麦、大豆、米を使用してないことや、消化の良い穀物や栄養価の高い穀物を使用した低炭水化物や、低アレルゲンフードがあります。

多くの子犬用フードでは、栄養バランスや原材料の品質、穀物の仕様の有無などに特徴があります。

成長期である大切な時期に、高品質のドッグフードが必要だということです。

幼犬・子犬に必要な栄養

幼犬や子犬用のドッグフードは、高品質なものが必要ということはわかりましたが、具体的にはどのようなドッグフードが良いのか見ていきます。

子犬は体を大きくするために、多くの栄養が必要となります。

体を大きくするためにはタンパク質が必要です。

タンパク質は、骨、筋肉、内臓など体全体の成長に関わっています。

高タンパク質」と言ってもタンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質があり、効率の良い体作りには動物性タンパク質の方が良いとされています。

子犬は食べたものを消化する働きがまだ未熟です。

消化の良いタンパク質源は動物性タンパク質なのです。

また、もともと犬は植物の消化は得意ではありません。

植物性タンパク質源となる穀物は子犬にとってはとても負担になるため、穀物を含まないドッグフードが適しています。

消化をサポートするためには、乳酸菌やオリゴ糖も含まれていると良いです。

体がまだ未熟であるため、免疫力の維持や抗酸化力を上げるビタミンEやビタミンCなどのビタミン類も欠かせません。

脳や目を発達させることも大切で、DHAが含まれていることが望ましいです。

必要な成分もありますが、不必要なもの存在します。

穀物は消化しにくいことやアレルギーの原因になる場合があります。

また、品質を維持するため添加物が使用されることがありますが、科学的に合成されたものは皮膚炎などのアレルギーを起こすことや、発がん性を指摘されているものもあるのです。

ドッグフードは栄養や品質がきちんと検査されているものがほとんどですが、このような注意したいポイントもあります。

ナチュロルは子犬たちにぴったりだった!

子犬の成長に必要な栄養と、ナチュロルの特徴を比べてみます。

まず、タンパク質についてですが、ナチュロルは高品質な動物性タンパク質を55パーセントも使用しています。

使われているのは新鮮な牛肉、鶏肉、馬肉、魚肉で、全て生肉です。

ドッグフードで使用する肉類で心配されているのが「副産物」です。

人間が食べない毛や骨などの部分や、品質が良いとは言えないものが含まれていることが指摘されています。

ナチュロルは副産物を使用していないことも高品質と言える理由です。

魚肉を使用することで、DHAやオメガ3脂肪酸も摂取できます。

消化をサポートするために、乳酸菌を配合しています。

一緒に摂取すると良いとされる乳酸菌の餌となるオリゴ糖や食物繊維も含まれています。

そして、消化しにくい穀物を含まないグレインフリー、グルテンフリーです。

そのため、アレルギーを起こしにくく、アレルギーを持った犬も体質によって食べることができます。

免疫力や抗酸化力を高めるために、ビタミンCが含まれています。

これは他のドッグフードにはない特徴で、持続型ビタミンCを1000mgも配合しています。

ナチュロルは、全犬種全年齢に対応しているドッグフードで、粒の大きさは小さめです。

まだ歯が小さい子犬でも、ぬるま湯を足してふやかして食べさせることもできます。

高タンパク質で、高栄養、品質が高いことなど、食べやすさも含めて子犬にぴったりのドッグフードがナチュロルです。

ナチュロルの口コミ調査した結果

ナチュロルの口コミや評判の多くは高評価です。

動物性タンパク質を55パーセントも使用し、グレインフリー、グルテンフリーであることから、体調が良くない犬に与えたところ以前より体調が良くなったという口コミが多いです。

生まれつきアレルギー体質で敏感肌で、お腹を壊しやすく食も細い犬がナチュロルだけはたくさん食べ、体調も良くなったという口コミがあります。

生後2か月から体調が良くない場が続いていたので、体重も十分ではなかったのがナチュロルを食べることで体重も適正になったそうです。

ナチュロルの他の口コミには「食いつきが良い」というものも多いです。

犬はニオイで食べ物を選ぶことがあります。

人間が嗅いでもきついニオイがするドッグフードは犬も好みではないことが多いのですが、ナチュロルは魚のニオイがしますが、それほどきつくないニオイなので犬の食いつきも良いようです。

また、ドッグフードのニオイは品質が変化してしまうことで変わります。

ナチュロルは品質変化しにくい工夫がされています。

ジップつきのアルミパックを採用していること、脱酸素剤が入っていることで品質変化がしにくく、開封後は2か月、開封前は1年の賞味期限があります。

このため、ニオイが変わらず、食いつきが良い状態が続くのです。

価格が高いという意見もありますが、皮膚の状態がきれいになったり、食いつきが良くなったりと、健康や犬のうれしい様子などから、リピート率が高いです。

まとめ

ナチュロルは全犬種全年齢に対応しているドッグフードです。

他のメーカーで販売している子犬用のドッグフードには、高栄養で高タンパク、免疫力の強化、穀物不使用などが記載されています。

子犬には、体を大きくするために高タンパクのドッグフードが必要です。

胃腸の消化能力がまだ未熟であるため、消化しやすい原材料や消化をサポートする成分があるとお腹に優しいです。

ナチュロルは、このようなポイントをカバーしてます。

ナチュロルは高品質の厳選された新鮮生肉を使用し、他のドッグフードにはない持続型ビタミンCも含んでいるので免疫力や抗酸化力のアップが期待できます。

消化しにくい穀物を含まないグルテンフリー、グレインフリーなので、食物アレルギーなど皮膚やお腹が弱い犬にも向いています。

子犬の消化をサポートする乳酸菌も含まれています。

このようにナチュロルは子犬に適してたドッグフードで、口コミには生まれつきアレルギー体質の犬でも食べられたというものがあります。

また、品質を維持するためのパッケージの工夫で、ニオイが変化することもないので「食いつきが良い」という口コミも多いです。

ナチュロルの成分や原材料を調べてみると、子犬にも向いていることが分かりました。

また、口コミからも、元気な子犬だけでなく、アレルギー体質の子犬にも与えられることができそうです。

小粒で食べやすく、ぬるま湯を加えてウェットフードにもできるなど、全犬種全年齢に対応できる理由がきちんとありました。

このように今までのドッグフードからナチュロルに変えるだけで大切な家族の健康を安心して守ることが出来ます。

下のアイコンをクリックするだけで簡単に公式サイトを開くことが出来るので、ぜひ1度ご覧になってみてください!

↓ナチュロルをたったの100円でお試しするならこちら↓

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

Naturol(ナチュロル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Naturol(ナチュロル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人:島田勇気

管理人:島田勇気

はじめまして。このサイトの管理人の島田と申します。私が飼っている犬の健康を考えたときに、ナチュロルを与えることは最良の選択だということに気が付き、ナチュロルを選ぶことにしました。このサイトではナチュロルの購入を検討している方向けに情報を提供していきます。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ナチュロルを食べると下痢や軟便になるってホント?食べすぎ注意!

  • ナチュロルはどれぐらいあげればいいの?1日の量と価格は?

  • ナチュロルを食べると嘔吐するって本当?その原因とは…?

  • ナチュロルっての安全性について…成分表や口コミを徹底調査!

関連する記事はコチラ

  • 老犬(シニア犬)にオススメのドッグフードって?各社比較してみた結果