1. TOP
  2. 老犬(シニア犬)にオススメのドッグフードって?各社比較してみた結果

老犬(シニア犬)にオススメのドッグフードって?各社比較してみた結果

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 34 分です。

最近愛犬に元気がない…

犬も年齢とともに元気がなくなってきます。

6歳から7歳くらいになると「シニア犬」の仲間入りとなります。

シニア期に入ると、それまでできていたことができなくなったり、静かにしていることが多くなります。

すべてが老化によるものではなく、病気によって元気がないと感じる場合もあります。

シニア期に入ったら、なるべく早く老化のサインに気付いてあげることが大切です。

そうすることで、楽しく健やかに過ごすサポートをしてあげられます。

老化のサインではまず、睡眠が挙げられます。

寝ている時間が多くなるので、元気がないように感じるのです。

起こそうとしても反応が薄いことや、昼夜が逆転しまうこともあります。

他の犬や動物に対しても興味がなくなることや、散歩も喜ばないなど意欲も薄れます。

老化によって筋力も落ちるので、歩き方に変化が出ます。

ゆっくり歩いたり、トボトボ歩いたりします。

段差も苦手になります。

運動量も減り、腸内環境も変化し、食欲が落ちます。

トイレの回数が減るのに、我慢できなくなることもあります。

見た目の変化もあります、白髪や毛の色が薄くなったり、皮膚の炎症が起こりやすくなることもあるのです。

白内障など目の病気にもなり。

視力や聴覚にも影響が出てきます。

このような症状が出るのは老化によるものなので、自然のことですが、暮らしやすくしてあげるためにできることがあります。

日々の変化に素早く気付いてその都度対応していく必要があります。

老犬(シニア犬)に必要な栄養とは?

シニア犬になると、体の中の変化も多くなります。

運動量などが変化するので、それに合わせた食事が必要になってくるのです。

シニア犬に必要な栄養というのがいくつかあります。

まず、挙げられるのは高品質な動物性タンパク質です。

年齢とともに筋肉の量は失われていきます。

筋肉をサポートするためには、タンパク質を摂取することで得られるアミノ酸が必要です。

タンパク質なら何でも良いというわけではありません。

シニア犬になると、タンパク質を多量に取ることで内臓に負担をかけてしまいます。

なので、高品質の動物性タンパク質が必要なのです。

シニア犬は筋肉が少なくなり、活動量も減少します。

基礎代謝量も減少するので、脂肪分の摂取も気を付けます。

脂肪分が多い食事では肥満が心配されるのでできるだけ、脂肪分が少ない方がシニア犬に適しています。

お腹の中に環境も変化します。

腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌がバランスよく存在していますが、老化が進むと善玉菌の数が減少してしまうのです。

シニア犬には栄養とは別に、食事で善玉菌を増やしてあげることが必要です。

乳酸菌などを含むドッグフードがお腹の環境を整えるのに適しています。

善玉菌を増やすには、善玉菌の餌もドッグフードに含まれているとより効果的と言われています。

善玉菌の餌となるのは、オリゴ糖や食物繊維などがあります。

このように、シニア犬になると体の変化が起こるので、それに合わせた食事が大切になるのです。

シニア犬にオススメのフード「ナチュロル」

シニア犬には、シニア犬に必要な栄養などがあり、食事にも気を付けることが大切です。

シニア犬にも適したフードがあります。

「ナチュロル」という国産のドッグフードです。

このフードは、高品質な動物性タンパク質を使用しているので、シニア犬の筋肉に必要なアミノ酸を摂取することができます

牛肉、鶏肉、馬肉、魚肉といった新鮮な生肉を使用しています。

高タンパクで粗脂肪は6~9パーセントと低脂肪なので、シニア犬にも与えることができます。

シニア犬のお腹の中の環境を整える乳酸菌も含まれています。

高温でフードを作るのではなく、低温フレッシュ製法で作るため、生きた乳酸菌がお腹まで届くという特徴があります。

乳酸菌など善玉菌は腸内で活動するために餌が必要ですが、ナチュロルには乳酸菌の餌となるオリゴ糖と食物繊維が含まれています。

乳酸菌とオリゴ糖、食物繊維を同時に摂取することが非常に効果的と言われています。

シニア期になると、抗酸化力や免疫力が落ちていき、病気になりやすくなります。

食事では抗酸化力のあるものを摂取することが望ましく、ナチュロルはそれも可能なドッグフードなのです。

ナチュロルはドッグフードでは珍しい、ビタミンCを含んでいます。

安定持続型のビタミンCを含むことで、免疫力や抗酸化力を高めることが期待できるのです。

このように、ナチュロルはシニア犬の健康のために必要な栄養を含んでいるドッグフードとしておすすめできます。

健康と元気さを求めるならナチュロル

シニア犬の健康に適しているナチュロルは、全犬種全年齢に対応しているドッグフードです。

ぬるま湯を足すことでウェットフードにすることができ、子犬からシニア犬まで与えることができます。

ナチュロルは、トウモロコシ、小麦、大豆などアレルギーの原因となる穀物を含まないグレインフリーです。

食物アレルギーを持つ犬でもたべることができます。

グレインフリーのため、動物性タンパク質を豊富に含んでいることで、消化が良いことにも注目できます。

牛、鶏、馬、魚の生肉を低温で加工することでおいしさや栄養を失わないため、食いつきが良いという口コミが多いです。

低温で処理するため、乳酸菌が生きたまま腸に届き、腸内環境を整えることが期待できます。

通常のドッグフードには、オメガ6脂肪酸が含まれていても、オメガ3脂肪酸はほとんど含まれていないといわれています。

ですが、ナチュロルは、新鮮な魚肉を使用しているためオメガ3脂肪酸もきちんと含んでいます。

オメガ3脂肪酸オメガ6脂肪酸はバランスが大切とされていて、バランスが良いと皮膚が健康的になるといわれています。

化学的に合成された添加物を含まないこともナチュロルの特徴です。

合成酸化防止剤や着色料の中には、発がん性や皮膚炎などのアレルギーなどを指摘されているものもあります。

そのような犬にとって必要のないものを排除していることで、健康的な生活を送れるようになります。

犬の健康と元気を考えたフードがナチュロルです。

まとめ

犬も年を取ると様々な不調が出ます。

今までできたことができなくなったり、寝ていることが多くなったりということが多くなります。

体の中や外、行動などにシニア犬の老化のサインが出てきます。

ですが、ナチュロルにはシニア犬に必要な栄養を豊富に含んでいるドッグフードで、食事によるサポートをすることができます。

高品質な動物性タンパク質で筋肉をサポート。また腸内環境をサポートする乳酸菌を配合といった特徴があります。

シニア犬に適した特徴がありますが、ナチュロルは全犬種全年齢に対応することができるフードでもあります。

他のドッグフードにはないナチュロルの特徴には、ビタミンCを含んでいることが挙げられます。

ビタミンCを摂取することで、免疫力抗酸化力を高めることができます。

その他には、良質な動物性タンパク質を多く含み、穀物を含まないことで食物アレルギーにも対応できます。

食物アレルギーの原因は様々ですが、穀物に多いとされています。

犬は本来肉食動物なので、穀物は消化が難しく、動物性タンパク質の消化は得意なのです。

自然な食事に近いことも、犬の健康を考えているからです。

ドッグフードは海外のものが多く流通していますが、ナチュロルは国産です。

輸送中の品質変化を防ぐ工夫、また品質変化を防ぐ添加物などを使用しないなど、国産だからできることが犬の健康につながっています。

子犬からシニア犬まで与えられる安心のフードがナチュロルです。

このように大切な家族である愛犬の健康を考えられてつくられたナチュロルを、ぜひ1度試してみたい方は、下記アイコンから公式サイトを開くことが出来ます。

いまならお試しも可能なので1度ご覧になってみてください!

↓ナチュロルをたったの100円でお試しするならこちら↓

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

Naturol(ナチュロル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Naturol(ナチュロル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人:島田勇気

管理人:島田勇気

はじめまして。このサイトの管理人の島田と申します。私が飼っている犬の健康を考えたときに、ナチュロルを与えることは最良の選択だということに気が付き、ナチュロルを選ぶことにしました。このサイトではナチュロルの購入を検討している方向けに情報を提供していきます。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ナチュロルを食べると下痢や軟便になるってホント?食べすぎ注意!

  • ナチュロルはどれぐらいあげればいいの?1日の量と価格は?

  • ナチュロルを食べると嘔吐するって本当?その原因とは…?

  • ナチュロルっての安全性について…成分表や口コミを徹底調査!

関連する記事はコチラ

  • ナチュロルは幼犬や子犬に与えても大丈夫?口コミ調査してみた!